お中元とは記事一覧

目次へ戻るお中元は、相手の方に日頃の感謝をこめて贈るものであり、またこれからもよろしくお願いしますという気持ちをこめて贈るもので、夏のご挨拶とも言われています。お世話になった人あてだけでなく、大好きな人に親愛の情を込めて贈るお中元へと少しずつ変化してきました。日本で始まったのは室町時代からと言われています。中元(お中元)とは、もともとは中国に端を発する「道教」の行事のひとつです。行事は上元、中元、...

目次へ戻るお中元を届ける時期は、お盆を行う時期(新盆と旧盆)によって、地域差があります。受け取る側の所在地の時期に合わせて贈るようにしましょう。北海道7月中旬から8月15日まで。東北・関東7月初旬から7月15日まで。北陸地区によって7月と8月に分かれる。7月初旬〜7月15日にお中元を贈る地区と7月15日〜8月15日の時期に贈る地区。東海・関西・中国・四国7月中旬から8月15日まで。九州8月1から8...

目次へ戻るお中元を贈るのが遅れた時は、「暑中御見舞」や「残暑御見舞」として贈ります。贈る時期は、「暑中御見舞」「暑中御伺い(相手が目上の場合)」7月20日から8月6日頃(立秋前日)「残暑御見舞」「残暑御伺い(相手が目上の場合)」8月7日頃(立秋)から8月末日目次へ戻る

目次へ戻るお中元は、贈らなくても問題はありません。お中元は、相手の方に「半年間」の感謝の気持ちと、健康を願う気持ちをあらわすために品物を贈る風習です。お中元に対し、年末に品物を贈る風習お歳暮が有ります。お歳暮は、年越しに催される「御霊祭」が始まりです。御霊祭では、祖先の霊に塩鮭や数の子などをお供物としていました。お供物を娘の嫁ぎ先に贈ったり、分家から本家に持ち寄られたりしていた習慣が行われていまし...

目次へ戻る遠方であったり忙しかったりとの理由から、最近は宅配便で送るケースも増えてきました。●持参する場合(1)風呂敷に包んで持参するのが正式なマナーです。  お渡しする時には、まずはご挨拶をしてから品物をの風呂敷包みを解きます。  先方がのしを正面から読めるように品物の向きをあらためて手渡しをします。  デパートやお店の紙袋に入れて持参しても良いのですが、お渡しする時には必ず紙袋から出し、  先...

目次へ戻る特に決まりはありませんが、高すぎるものだと相手に負担を感じさせてしまうこともあるので、3,000円〜5,000円が一般的には高すぎず、低すぎず、という金額の目安になります。特別お世話になった人や贈り先の人数が多い場合は、10,000円前後になることもあると思います。しかし、個人宛に10,000円以上のものが届いたら負担に感じる人も多いでしょう。そのへんの事を考えると、3,000円〜5,0...