お中元を届けるベストな時期とは?

お中元を届けるベストな時期とは?

 

 

 

お中元を届ける時期は、お盆を行う時期(新盆と旧盆)によって、地域差があります。
受け取る側の所在地の時期に合わせて贈るようにしましょう。

 

北海道 7月中旬から8月15日まで。
東北・関東 7月初旬から7月15日まで。
北陸 地区によって7月と8月に分かれる。

7月初旬〜7月15日にお中元を贈る地区と
7月15日〜8月15日の時期に贈る地区。

東海・関西・中国・四国 7月中旬から8月15日まで。
九州 8月1から8月15日までが一般的。
沖縄 旧暦の7月15日まで。

他の地域とは異なり、旧暦の7月15日までにお中元を贈ることが主流。
その年の旧暦7月15日を確認し、その日までに届くようにする。

 

お盆とは?

お盆とは、浄土から戻ってくるご先祖様や亡くなった家族の霊をお迎えして供養する行事です。
お盆とは、正式名称を「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、故人の霊魂(たましい)が
あの世と呼ばれている浄土からこの世(現世)に戻ってこられる期間のことを言います。
お盆の期間には、亡くなった家族やご先祖様の精霊(しょうりょう)をお迎えし、供養をします。

 

お盆は、8月15日を中心に8月13日〜16日の期間に行います。
元々は7月15日を中心に行われていました。
明治時代暦の国際基準化を目的に行われた改暦、すなわち明治5年12月2日の翌日、12月3日を明治6年1月1日にして旧暦から新暦へと改暦が行われました。
この改暦により、日本の行事は全体的に30日遅れとなりました。

 

そのため、現代では8月15日を中心に行われています。
ただ、現代でも地域によっては、7月15日に行われる場所もあるため、
7月15日を新盆(新のお盆)、
8月15日を旧盆(旧のお盆・月遅れの盆)
とも呼ばれています。

 

新盆(7月13日〜15日)が適用されている地域
東京都の一部、南関東(主に都市部)、静岡旧市街地、函館、金沢旧市街地など

 

新盆が適用されている理由
旧暦の月日がそのまま新暦になっても残っていたため。

 

旧盆(8月13日〜15日)が適用されている地域
南関東の一部、西日本全般と北関東以北

 

旧盆が適用されている理由
当時、日本国民の80%が農業に従事しており、新暦の7月15日は農作業が多忙な事もあり、
お盆の時期を1か月遅らせてお盆の行事を執り行うようになったためです。

お盆には新盆と旧盆があります|「旧暦」と「新暦」の違いとは

日本では、明治時代暦の国際基準化を目的に、改暦が行われました。
明治5年12月2日の翌日、12月3日を明治6年1月1日にして、旧暦から新暦へと改暦が行われました。
この改暦により、日本の行事は全体的に30日遅れとなりました。

 

日本には、古くから受け継がれた風習が沢山あります。
現在では、その多くの年中行事が、新暦に合わせて行われるようになってきています。

 

しかし、その中には同じ日に行われるものもありますが、地域で違った日に行われるものも有ります。
七夕は殆どの所で7月7日に行われますが、有名な「仙台の七夕」は、毎年8月6日から8月8日まで行われます。
お盆も、新盆(「新暦のお盆)と旧盆(「旧暦のお盆」)があります。
月の満ち欠けに基づいた旧暦は、今でも私たちの生活に深くかかわっています。

 

 

暦は大きく分けると
【太陽暦】
【太陰暦】
【太陰太陽暦】
の3つに分類されます。

 

【太陽暦】
現在使われている「新暦」と呼ばれている暦法です。
世界基準の公式な暦は太陽暦です。
現在はグレゴリオ暦が使用されています。

 

地球が太陽の周りを1周するのにかかる時間を、1年(365日)とするのが太陽暦です。
地球は太陽の周りを365.2422日(365日5時間49分)1周しています。
12月31日だけ5時間49分にするのは不便ですから、
今使っている暦では400年間で366日の年を97回つくって調整しています。
この調整が約4年に1度くる閏(うるう)年です。

 

【太陰暦】
月の満ち欠けの周期(月が新月から次の新月になるまで29〜30日間)を1ヶ月とし、1年354日が19回、355日の閏年が11回あり、30年を1周期としています。
月の満ち欠けと太陽の動きは関係ないため、季節がどんどんずれていってしまいます。

 

【太陰太陽暦】
「旧暦」と呼ばれている、月の満ち欠けと太陽の運行を組み合わせた暦法です。
(「旧暦」は月の運行に基づいた太陰暦に太陽暦の要素を加えた「太陰太陽暦」です。)
立春に近い新月の日を1年のはじまりの日とします。
1年は354日か、355日。
閏年が19年に7回あり1年が384日か385日になります。
そこで3年に1度の割合で「閏月」を加えて1年を13か月として暦のずれを解消させていました。
明治5年まで日本の国暦として使われていました。

 

 

 

 

 

 

旧暦と新暦

旧暦と新暦

 

日本の季節は、約3ケ月ごとにめぐってきます。
「旧暦」では、春は1月にスタートします。
「立春」のころに元日がめぐってきます。
真冬の1月に届く年賀状で「新春」「迎春」と書くのは、旧暦をとりいれた表現なんです。

 

【旧暦の春夏秋冬】
旧暦の春 →1月、2月、3月
旧暦の夏 →4月、5月、6月
旧暦の秋 →7月、8月、9月
旧暦の冬 →10月、11月、12月 となります。

 

新暦とは
現在使われている「新暦」は、太陽の運行に基づいた「太陽暦」です。
気象庁による気象学上の月の区分で四季を表しています。
天気予報などに用いられ、体感する季節感に近い区切りです。

 

【新暦の春夏秋冬】
新暦の春 →3月、4月、5月
新暦の夏 →6月、7月、8月
新暦の秋 →9月、10月、11月
新暦の冬 →12月、1月、2月

 

日本は、明治5年12月2日の翌日、12月3日を明治6年1月1日にして旧暦から新暦へと改暦されました。
太陰太陽暦から太陽暦へと変わ変わりました。
旧暦と新暦では、約30日のずれが生じます。

 

「立春」だというのに、寒い日が続いていたり、「立秋」というのに、暑くて暑くてたまらない日が続いたりします。
旧暦の表現は、実際の季節と大きくずれていると感じます。