お中元の金額と相場のポイント|平均は、3,000円ー5,000円

お中元の相場は?

 

 

 

特に決まりはありませんが、高すぎるものだと相手に負担を感じさせてしまうこともあるので、3,000円〜5,000円が一般的には高すぎず、低すぎず、という金額の目安になります。

 

特別お世話になった人贈り先の人数が多い場合は、10,000円前後になることもあると思います。
しかし、個人宛に10,000円以上のものが届いたら負担に感じる人も多いでしょう。
そのへんの事を考えると、3,000円〜5,000円程度の品を贈るのが良いでしょう。

 

お中元の金額、相場に関してのいくつかのポイント

 

1.お中元という感謝の気持ちを伝える行事が、経済的に「苦痛な行事」になってしまっては台無しなので、双方にとって負担にならない程度の金額で、
  長いお付き合いが出来るよう心がけるようにして下し。

 

2.去年贈ったものに比べて安いものを贈るのは失礼にあたります。

 

3.お中元は基本的に毎年贈るものなので、年によって値段が上下するのは好ましくありません。

 

4.基本的にお中元を贈った相手に対し、お歳暮も贈る場合は、お中元よりもお歳暮のほうが2、3割高めのものを贈るのが一般的です。

 

5.目上の人に高すぎるものを贈るのは失礼にあたります。

 

相場や金額のポイントを意識して選ぶことも大切ですが、相手のことを考えて贈るのも大事です。
大家族なのか、好きな物はなにか、子供はいるのか、お酒は飲めるのか、肉類は好きなのか、小分けできるのかなど相手の状況を考慮して選ぶのも大事です。

 

贈る相手による相場

贈る相手との関係によってお中元の相場は違ってきます。

 

 

特にお世話になった方
5,000円〜10,000円

 

実家・義実家・親戚・兄弟など
4,000円ー5,000円

 

友人・近所・先生
2,000円〜4,000円

 

職場・取引先など
4,000円〜10,000円

 

ほどが目安ですが、大切なのは、感謝の気持ち。贈る方との関係を重視して、あまり金額にはこだわらず、何を贈ったら喜ばれるのかを考えてみてください。

 

高すぎるものだと相手に負担を感じさせてしまうこともあるので、3,000円〜5,000円が一般的には高すぎず、低すぎず、という金額の目安です。
特別お世話になった人や贈り先の人数が多い場合は、10,000円前後になることもありますが、個人宛に10,000円以上のものが届いたら負担に感じる人が多いようです。

 

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!
『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか −オリオンの矢−』