お中元とは

お中元とは?

 

 

 

お中元は、相手の方に日頃の感謝をこめて贈るものであり、またこれからもよろしくお願いしますという気持ちをこめて贈るもので、夏のご挨拶とも言われています。
お世話になった人あてだけでなく、大好きな人に親愛の情を込めて贈るお中元へと少しずつ変化してきました。

 

日本で始まったのは室町時代からと言われています。
中元(お中元)とは、もともとは中国に端を発する「道教」の行事のひとつです。
行事は上元、中元、下元、の三元からなります。
上元は旧暦1/15、
中元は旧暦7/15、
下元は旧暦10/15
に行われます。
三元とは、龍王の孫とされ、三官大帝と呼ばれる三人の神様の誕生日にあたります。誕生日を祝う行事が行われる道教の祭日です。)
(道教とは、中国三大宗教とされる仏教、儒教、道教のひとつ。老子が教祖とされる。)

 

お中元の起源と言われている中国の「中元」は、地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)という人の犯した罪を許してくれた神様の誕生日を祝う行事です。
それゆえ、本来の中元には贖罪の日として、罪を償うため火を焚いて神に祈る行事という意味がこめられています。

 

室町時代に、中国の三元(「上元」、「中元」、「下元」)が伝わりました。
当時の日本の風習として、「お盆」がありました。
中元はちょうど仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)の時期と重なります。
盂蘭盆会は、送り火や迎え火など火を焚き先祖の冥福を祈り供養する行事であり、この行事と道教の中元の行事が融合していきました。

 

そして「お盆」には、親戚や近所に祖先の霊を祭るためにお供え物を配った習慣が有り、それと相まって「中元」は、「お盆の頃にお世話になった人に品物を贈る」行為に変わっていきました。

 

現在の(お)中元は、もともとは先祖を敬う行事でしたが、お世話になった人に尊敬や感謝の気持ちを表わすものへと変化したものです。

 

それから派生し、色々な意味が含まれるようになりました。
「末永く変わらないお付き合いをお願いしますという気持ちを表す」、
「暑い夏の間に、お身体を壊していませんかという心使い」等が込められています。。
又品物と一緒に「近況を伝えたり」「家族の健康を伝えたり」する機会を作る役目も、果たしています。

 

 

お中元は道教と深い関わりが? 道教の行事・三元とは?

道教とは中国固有の宗教で儒教・仏教と並ぶ三大宗教の一つです。
不老長生をめざす神仙術と原始的な民間宗教が結合し、老荘思想と仏教を取り入れて形成されたもの。
後漢末の五斗米道(ごとべいどう)に起源し、のち次第に宗教の形を整え、中国の民間習俗に強い影響力をもつようになりました。
(大辞林より)
道教は、日本に仏教や儒教と同じ頃に伝えられたと言われています。
もともとの道教から変化していますが、風水は道教の陰陽五行説を応用したものとされるほか、二十四節気などの暦に関することも道教の影響を受けているという説もあります。

 

 

中国の道教の祭日である三元というのは、
上元:旧暦1月15日、
中元:旧暦7月15日、
下元:旧暦10月15日の
3つの日の総称を指していて、中国ではそれぞれの行事が行われていました。

 

上元、中元、下元それぞれを司る神様がいて、その神様の誕生日を三元として当時の中国の人々はお供え物をしてお祝いをするようになりました。
お中元は、これらの中国の行事が日本に伝わって、なおかつ当時日本にすでに伝えられていたお盆の「盆礼」という風習と結びついたことが、「お中元」の起源といわれています。